カウンセリングと心療内科・精神科の違い

カウンセリングと心療内科・精神科の違い

カウンセリングと心理内科、そして精神科の違いが「よくわからない?」という人は多いのではないでしょうか。

メンタルな問題を抱えていた場合、カウンセリングを受けたら良いのか、それとも心理内科や精神科にかかったほうが良いのか、確かにわかりにくい部分があります。
カウンセリングとは問題や悩みを抱えている人に対し、専門的な知識や技法を用いて相談援助することを言います。
カウンセリングを行う者をカウンセラー(Counselor)、 と呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(Client)、と呼びます。

カウンセリングを行う専門家をカウンセラーと言い、心のケアに関わる専門家です。

クライアントに受容し共感しながら、クライアント自身が自分で自分に向き合い、自立できるように支えていきます。
カウンセリングには薬物を用いた治療は行いません。
薬物には副作用や依存傾向を引き起こす場合もありますので、心理内科や精神科に受診する前に、身近にカウンセラーがいるならまずそこでカウンセリングを受けることを勧められる場合もあります。

アメリカと日本のカウンセリング感覚の違い

アメリカでは、カウンセリングを受けるということは特別なことではなく、 まるでエステにでも通うような感じで、とても普通の行為として受け止められています。
外資系の企業では社員が年間に規定の回数のカウンセリングを受けることができるように、会社持ちで費用を負担しています。社員がカウンセリングを受けることは当然の権利として受け取っているのです。
アメリカに対して日本はカウンセリング事情は少し違ってきます。

カウンセリングの効果があるとわかっていても、日本は恥の文化です。人に自分のことを話すのは恥ずかしいことと受け止めてしまいがちです。また、まわりの人からも何かうわさされると思い込んでしまうのです。
このような環境の違いが大変大きいと思います。
しかし、それでも最近は徐々にカウンセリングの効果が注目され、 プロのカウンセラーが求められるようになってきています。

精神科

心の問題を扱うという点ではカウンセラーと同じですが、精神科は国家資格を持つ医師が治療に携わります。カウンセリングと決定的に違うのは、主に薬物療法が中心となることです。
話をゆっくり聞いてもらいたいという方や、薬物治療に抵抗を感じる方はカウンセリングをお勧めしますが、 症状が重い場合は、精神科を受診し、薬を処方してもらうほうが良い場合もあります。

診療内科

精神科と心療内科の違いがわかりにくいかもしれません。心療内科はあくまで内科です。
ただ、心の問題が原因となって、体の調子が悪くなっている場合に通うところになります。たとえば、食事が食べられなくなるとか、胃が痛くなるとか、頭が痛くなるとかです。このように精神科と心療内科では扱う領域が若干違います。

関連記事

  1. NLP式 心理カウンセリングとは

    NLP式 心理カウンセリングとは

  2. コロナうつ・アフターコロナうつ カウンセリング

    コロナうつ・アフターコロナうつ カウンセリング

  3. ペットロス・カウンセリング

    ペットロス・カウンセリング

  4. 性同一性障害(GID)心理カウンセリングとは

    性同一性障害(GID)心理カウンセリングとは

  5. 残される家族のホスピスカウンセリングとは

    残される家族のホスピスカウンセリングとは